PICK UP

ピックアップ一覧

NEWS

2020.01.21

「介護予防に向けたAI・データ活用研究会」が開催され、ニュースになりました。

本日、「介護予防に向けたAI・データ活用研究会」の第1回目の会議が開催されました。

前半の研究会説明の際には、テレビを含む多くの記者が取材に来られ、中日新聞やNHK等、数々の媒体で取り上げられました。

■NHK

https://www3.nhk.or.jp/lnews/tsu/20200121/3070002765.html

■中日新聞

https://www.chunichi.co.jp/article/mie/20200121/CK2020012102000017.html

■三重テレビ放送

http://www.mietv.com/news/prenews.html?article=2

■共同通信

https://this.kiji.is/592280322140963937?c=39546741839462401

■研究会の様子

2020.01.10

「フレイル検知に関する実証実験」がYahoo!ニュースに取り上げられました。

「AIと電力データを用いたフレイル検知に関する実証実験」についてYahoo!ニュースとITmediaで取り上げられました。

<Yahoo!ニュース>

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-00000019-ascii-sci

<ITmedia>

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2001/16/news044.html

2020.01.10

AIが要介護状態になる前に検知、予防の可能性も。 「AIと電力データを用いたフレイル検知」2020年 に実証実験へ

この度、JDSCは、合同会社ネコリコと東京大学大学院情報学環 越塚登研究室と共同で、AIと電力データを用いたフレイル検知に関する実証実験を、2020年に三重県東員町において実施することとなり、リリースを発表いたしました。

本実験は、「東京大学と三重県との連携・協力に関する協定」に基づいて、2020年1月21日設立予定の「東大・三重連携 介護予防に向けたAI・データ活用研究会」(会長:越塚登 東京大学大学院情報学環教授)と連携し、東京大学地域未来社会連携研究機構(松原宏・機構長・教授)、東京大学高齢社会総合研究機構(飯島勝矢・副機構長・教授)、三重大学(西村訓弘・副学長・教授)、三重県、東員町が参画して、東員町における2020年中の実施に向けて共同実験を進めてまいります。

AIと電力データを用いたフレイル検知 実証実験に関するリリース