学び続けられる環境

秋本 大樹

データサイエンティスト

2020年1月入社
1987年生まれ。前職では大手サービス会社のデータエンジニアとして、社内ビックデータを収集する分析基盤環境の構築・運用を経験。大学時代に専攻した数学の知識を活かし、当社データサイエンティストとして転身。

内山 晋太郎

エンジニア

2019年10月入社
1989年生まれ。前職ではWeb制作会社のエンジニアとして、飲食業界や医療業界のWebサイトシステム構築業務を経験。AI関連技術への興味から転職し、当社エンジニアとなる。

「学ぶ意欲の強い人が多い」 ってほんと?

内山(エンジニア) 入社して驚いたことといえば、エンジニアとデータサイエンティスト、それぞれの勉強会にお互いが参加し合うことですよね。JDSCの学習意欲の高さを感じています。

秋本
(データサイエンティスト)
そうですね。これはそのままJDSCの魅力だと感じています。データサイエンティストの中には働きながら東大の研究室に学生として通っている方もいます。JDSCのデータサイエンティストの中では論文を読むことが重視され、アカデミックな成果を自分の手で実装できるといった楽しみがあります。

内山(エンジニア) 東大との連携も大きな強みですよね。

秋本
(データサイエンティスト)
はい。社会の課題を解決する際に、東大とともにプロジェクトを進めていけるというのは大きな強みだと感じます。最近ではAI と電力データを用いたフレイル検知などを東大とともに進めています。

「Upgrade JDSC Day」って、ミッションのからきてるんですね。

秋本
(データサイエンティスト)
そうなんです。僕がこの会社を選んだ大きな理由でもあるのですがJDSCでは「UPGRADE JAPAN」というミッションを掲げ、日本の産業をアップグレードすることを使命としてます。僕は地方の出身なので疲弊していく日本の姿をよく見ていて、その姿を変えたいと強く思っているんです。そしてJDSCでは、そのような強い思いを持ったメンバーが多く集まっていて、そのメンバー達と一緒に仕事をしていけるのが嬉しいです。

内山(エンジニア) 私もこの会社に決めた理由の一つになりますね。「本当に価値のあるものを作っているんだ」と自信を持って言えるシステムの開発に携わりたい、というのが私の転職活動時の軸の一つだったので、「UPGRADE JAPAN」のミッションには強く共感しました。大きな目標を実現するためには、多くを学ぶ必要がありますが、それだけに大きなやりがいもあると思っています。

秋本
(データサイエンティスト)
まさにその通りだと思います。「多くのことを学びつつ、自分と同じ思いを持つ人と一緒にチャレンジができる」。JDSCはそれを満たす日本でも数少ない会社であると自負してます。