03

VOICE 03

ビッグデータに
関われる仕事なのが楽しい。
技術力があるのは前提で、
周辺領域の知識も必要とされるため、
プロジェクト推進力も身に付く。

佐々木 桃太さん

SASAKI MOMOTA

エンジニア

熊本大学工学部卒業後、Webサービスの運営会社にエンジニアとして入社しPHPやScalaでのバックエンド開発に従事。その後、スマートフォン決済サービスを運営するOrigamiにエンジニアとしてサービスグロースやデータ基盤構築、CRMに関わるシステムの開発、PCIDSSに準拠したシステムの構築など幅広く従事。現在は日本データサイエンス研究所にて大規模データの基盤開発及びプロジェクトマネージャーを兼務している。

JOB DESCRIPTION

データ基盤の設計構築及び、システムのアーキテクチャや監視体制の構築など、システム全体に関わる部分の開発をしています。全体設計から実証実験を経て、詳細設計及び実装を進める仕事で、スクラムを導入しているため、工数の見積りやメンバーのアサイン、KPTなどを通じてチームで一緒に開発していきます。
JDSCのエンジニアは、エンジニアリングだけやればいいというわけではなく、技術力があるのは前提で、プロジェクトに関すること全般に関心を持つ必要があります。シームレスに仕事が進めるために、ビジネスやデータサイエンスなどの周辺領域に考えを及ぼすことが求められ、大変ですが面白く、先回りしてリスクやタスクなどを察知し管理するなどのプロジェクト推進力も身に付きます。

INTERVIEW

第一印象は、
役割による壁がなく、

雰囲気の良い会社。
データサイエンティストの
コードを実際に見て、
吸収できることが
モチベーションに。

前職がFinTechの会社だったので、データ活用が成功のカギだと思っていて、業種に限らずデータに関わる仕事をしたいと思っていました。なので、JDSCの話を聞いた時に、AIという分野での事業が面白そうだと思い、フライデーナイト(JDSCオフィスで隔週で開催される交流会)に参加したのが入社のきっかけです。そこでCEOと意気投合したのもそうですが、そこで感じたのは、社員の皆がCEOに対して言いたい放題と言いますか、言いたいことを言えていて、役割による壁がなくて良い雰囲気の会社だな、と思いました。
現在、ビックデータの処理に関われているのは面白いですし、データサイエンスのプロの人の生のコードを実際に見れたり社内で開催される勉強会を通じてモデリングの知識を吸収する事ができるのは魅力的です。

成長するには
インプットとアウトプットの
繰り返しが必要。
仕事から勉強会での発表まで、
一連の流れが自身の成長に
つながる。

入社して一番初めに携わったのが前処理の自動化でした。そこでは今まで触ったことがないサービスにも触ってみて検証し、結果としてうまくいきました。そして、その過程で得た知見をスライドにしてエンジニア勉強会を実施しました。成長するには、インプットとアウトプットの繰り返しが必要だと思っているので、一連の流れとして、仕事だけでなく勉強会というアウトトップまででできたことが、自身の成長につながったと感じています。

自分の武器を
もうひとつ用意できる。
福利厚生が
充実しているところも魅力。

JDSCで魅力に感じるのは、頭のいい人や経験の多い人が多く、意思決定がスムーズなところです。何か壁にぶつかった時に、話しに行けばすぐにアクションに繋がりますし、感情的にならずに合理的に話せ、仕事がしやすいです。また、職種はエンジニアですが、データサイエンスの技術を吸収できる環境にあるのも魅力的です。人が作ったソースコードは読めますし、データサイエンス勉強会の参加や資料は、いつでも見ることができます。吸収しようと思えばいくらでもできる環境で、自分にデータサイエンスという、もうひとつの武器を用意する事が出来ると感じています。
あとは、福利厚生が充実しているところも魅力です。お菓子や水やジュースなども飲み放題で積極的に活用しています。また、社内の福利厚生の一つである卓球は運動やコミュニケーションにも一役買っています。

SCHEDULE OF ONE DAY

日本データサイエンス研究所
エンジニア
佐々木 桃太さんのある一日

09
:
00

出 社

09
:
00
-
10
:
00

ToDo確認。チームタスク管理

11
:
00
-
12
:
00

プロジェクトのエンジニアチームでStand-up Meeting

12
:
00
-
13
:
00

ランチ

13
:
00
-
14
:
00

プロジェクトチーム定例会

14
:
00
-
16
:
00

設 計

16
:
00
-
16
:
30

DS勉強会

16
:
30
-
17
:
00

コーディング

17
:
00
-
17
:
15

卓 球

17
:
15
-
18
:
00

コーディング

18
:
00

退 社

MESSAGE

データに関わりたいと思う人、いわゆるビックデータの活用に興味がある人、チャレンジしたい人には向いていると思います。JDSCはデータを活用する会社なので、データのことを分かっていないといけなくて、データのことを分かるということは、そのビジネスのことを分からないといけないと思っているので、事業ドメインに関心を持てる人や、ビジネスに関して能動的に働ける人と一緒に働きたいです。また、自分の仕事のことだけを考えるのではなくて、UPGRADE JAPANというビジョンに共感できる人は楽しく働けると思います。

ENTRY

私たちと、この国を変えよう。