Google Cloud Service パートナー認定を取得しました。Google Cloud を活用したデータ基盤「Wodom!」の提供を通して、データドリブン経営の支援を加速して参ります。

このたび、Google Cloud Partner Advantage プログラムにおいて、Service パートナー認定を取得いたしました。これにより、Google Cloud を活用したJDSCのデータ基盤「Wodom!(うぉどむ!)」の提供を通して、データドリブン経営の支援を加速して参ります。

プレスリリースはこちら

 

■JDSCの「Wodom!」の提供価値

データ時代にふさわしい生産性を持つ企業にアップグレードするためには、データを基に、精度の高い意思決定をし、事業を発展させるデータドリブン経営が必要です。その実現までには、大きく分けて、3つのステップがあり、それは①トップのコミットメントから始まる「準備期」、②データの整備がされ、一部組織がデータによる意思決定ができるようになる「始動期」、③自律的に全組織がデータによる意思決定ができる「浸透期」です。

最も重要なポイントは「準備期」から「始動期」への移行であり、ここでは「実際に初めて、小さな成果を出す」ことが変革の実現に向け、必要とされます。

JDSCは、データ基盤「Wodom!」の導入の際に、データ基盤導入だけでなく、「実際に初めて、小さな成果を出す」ために必要な下地とルールを整備して、第一歩を促す支援を行っております。この度のGoogle Cloud Serviceパートナー認定の取得により、データ基盤「Wodom!」の提供を通して、データドリブン経営の支援を加速して参ります。

 

 

■Google Cloud Partner Advantage プログラム詳細

https://cloud.google.com/partners?hl=ja

※Google Cloud は Google LLC の商標です。

この記事をシェア