TEAM

チーム紹介

AI時代のプロフェッショナルサービスファーム

JDSCには、AI・システムの専門知識と、ビジネスの深い知見を有するプロフェッショナルが多数在籍しています。

Twitetr

加藤 エルテス 聡志

SATOSHI ERDÖS KATO

代表取締役CEO

東京大学卒業後、マッキンゼーアンドカンパニー、米系メーカー等での経験を経て、2013年に一般社団法人日本データサイエンス研究所(Japan Data Science Consortium、現 株式会社JDSC)を創設、代表に就任。医療データ リーズンホワイ 元監査役。2022年11月、株式会社ファイナンス・プロデュース取締役。2023年10月、メールカスタマーセンター株式会社取締役。著書を見る
Twitetr

作井 英陽

HIDEAKI SAKUI

取締役CFO
コーポレート部門長

東京大学経済学部卒。2013年よりUBS証券及びメリルリンチ日本証券においてIPO、普通株や転換社債、普通社債等による資金調達、M&Aアドバイザリー等の投資銀行業務に従事。その後、2018年にモビリティプラットフォームCREWを運営する株式会社Azitに入社し、財務担当執行役員及びコーポレート本部長として資金調達や財務戦略、コーポレート部門統括を担当。現 株式会社JDSC CFO に就任。2022年11月、株式会社ファイナンス・プロデュース取締役就任。
Linkedin

吉井 勇人

HAYATO YOSHII

取締役
DXソリューション事業部長

京都大学卒業後、アクセンチュアに入社。テクノロジーコンサルティング本部・アナリティクス本部・戦略コンサルティング本部を経験。2020年3月にJDSCに参画し、電力データを用いた新サービスの立ち上げ・新事業の開発に従事。JDSCの次なる注力領域の創出に向けた業界課題の定義・解決策の探索をLead。Google Cloud Professional Data Engineer取得。2022年、当社執行役員DXソリューション事業部長に就任。2023年1月、三重県東員町CIO補佐官。同2月、東京大学大学院 工学系研究科 技術戦略専攻 特別技術研究員。同4月、JDSC取締役就任。
Twitetr Linkedin

佐藤 飛鳥

ASUKA SATO

執行役員
DXソリューション事業部

早稲田大学大学院修了後、アクセンチュア株式会社に入社。戦略コンサルティング本部・SCM本部に所属、幅広い業界を対象としたIT・DXプロジェクトを多数経験。その後、ITソリューション会社を起業。事業譲渡後、アクセンチュアに再入社。2020年1月に株式会社JDSCに参画し、主に製造業・物流業を対象とした大手企業のDX案件を推進。また、大企業との接点構築の組織化や、社外とのアライアンスの担当を務める。2022年、当社執行役員に就任。
Linkedin

城戸崎 由美香

YUMIKA KIDOSAKI

執行役員
DXソリューション事業部

同志社大学卒業後、P&Gにてマーケティングに従事。ブランドマネジメントを経て、マーケ専門キャリアに進み、デジマの分野で活躍。外資系医薬品メーカーへ転職後、新薬の上市、既存薬のマーケティングの傍ら、MR活動のデジタル化を推進。医療機器の新規事業の立ち上げを経験後、2019年4月にJDSCに参画。教育業界を主軸に、ヘルスケア、再エネ、美容業界等に向け、DXから新規事業創生やマーケティング、研修実施まで、課題に応じて幅広く担当。
Linkedin

冨長 裕久

HIROHISA TOMINAGA

執行役員
DXソリューション事業部

東京大学大学院 電子情報工学専攻 修士。Bond University MBA。ソニー株式会社にて、ソフトウェアエンジニアを8年、新規事業推進を9年経験。現代暗号システム、モバイルアプリ等の開発、共通データ基盤構築、データ主導のビジネスグロース組織の立上げなど多数のプロジェクト責任者を歴任。教育系AIスタートアップCSOとして大手予備校との共同開発契約をまとめAI教材を導入するなどアライアンス経験多数。2020年よりJDSCに参画し、需要予測・数理最適化を応用したdemand insight®事業の責任者や、直近では大規模言語モデル活用戦略責任者など、複数の事業領域を担当。

橋本 圭輔

KEISUKE HASHIMOTO

Technical Co-Founder

北海道大学大学院工学研究科にて、複雑系適応技術や人工知能応用研究に携わる。修了後、NTTコムウェア研究開発部にて、広告・動画配信の実証や特許化に従事。後に起業し、コホート研究、医師向け情報提供システム、製薬MR支援ツール、アドテク案件等をインフラから開発まで自身で提供。一般社団法人時代のJDSCの企画にも参加し、株式会社JDSC 現職に就任。株式会社化後のシードやシリーズBの調達、上場に貢献、社内技術やシステム整備に携わる傍ら、アーキテクトとして活躍中。

大杉 慎平

SHIMPEI OHSUGI

共同創業者 フェロー

東京大学にてApplied Computer Science修士号取得。在学中にTeach For Japanを共同設立後、マッキンゼーアンドカンパニ ーにて、製造・インフラ産業を対象とした技術戦略支援に従事。その後、東京大学 Applied Computer Science 博士課程へ。現 株式会社 JDSC CDSO就任、東京大学での研究活動を兼務。主な研究成果にスマートメーターとAI を用いた不在配送解消。国際学会ICSCA受賞。2023年1月の退職後も、当社フェローとして引き続き連携を深めている。

筒井 一彰

KAZUAKI TSUTSUI

seawise株式会社
代表取締役

立教大学経営学部卒業後、アクセンチュア株式会社に入社。通信・メディア・ハイテク本部及び戦略コンサルティング本部において、大企業向けのコンサルティングを経験した後、2021年JDSCに参画。物流・海事領域の責任者として、AI・デジタルを用いた事業開発、製品化など、複数案件の立ち上げを行う。2022年11月より、seawise株式会社代表取締役。

宮川 大輔

DAISUKE MIYAKAWA

VP of Engineering
DXソリューション事業部

東京大学大学院(修士)修了。Google Japanにソフトウェアエンジニアとしてジョイン。日本初のAndroidスマートフォン開発プロジェクトに参加後、Google US本社にてAndroid開発に継続して従事。帰国後、ソフトウェア運用開発を行うベンチャーへ取締役として参画。株式会社PKSHAにてソフトウェアエンジニアおよびエンジニアリングマネージャとして複数のAI系プロジェクトに従事。2021年より、JDSCに参画。

中橋 良信

YOSHINOBU NAKAHASHI

VP of Data Science
DXソリューション事業部

帯広畜産大学にて博士後期課程修了後、データサイエンティストとして統計モデル・機械学習を用いた業務課題の解決に従事。
保険・製造・ヘルスケアなどの領域で多数のプロジェクトを担当。フレイル事業に魅力を感じ2022年7月より現職。2023年5月よりデータサイエンスチームリード。
Linkedin

岩永 公就

KIMINARI IWANAGA

VP of Public Relations
コーポレート部門 副部門長

第一勧業銀行(現みずほ銀行)を経てソフトバンク株式会社(現ソフトバンクグループ株式会社)に入社。純粋持株会社、インターネット大学、スマートフォン付帯事業、IoT、QRコード決済、ロボティクスなどさまざまな事業領域で広報、マーケティングに従事。西日本新聞社に出向し、2年間の新聞記者経験も有する。2022年7月、JDSCに転じ、広報マーケティング責任者。同11月、株式会社ファイナンス・プロデュース監査役就任。
Linkedin

南 友莉恵

YURIE MINAMI

DXソリューション事業部
ディレクター

東京大学法学部卒業後、戦略コンサルティングのドリームインキュベータに入社。日系大企業の新規事業戦略立案、海外進出支援などを中心にコンサルティング案件に携わる。その後、フィンテックベンチャーのAnyPayに移り、ブロックチェーンビジネスの事業推進を担当。2019年2月にJDSCに参画し、AIソリューションの事業企画及びPoC、開発、導入までをリード。2020年に第一子、2022年に第二子を出産し、二度の産休・育休を経て、同10月に復職。
Linkedin

益本 佳代子

KAYOKO MASUMOTO

DXソリューション事業部
セールスマネージャー

慶應義塾大学卒業後、NTTグループにてITソリューションの導入支援業務に携わる。その後、株式会社リクルートにて不動産領域での事業開発・商品企画・ソリューション営業に従事。2020年よりJDSCに参画し、ヘルスケア・エネルギー産業等のプロジェクトを推進しながら営業部門をリード。JDSCが主幹するフレイル対策コンソーシアムの組成から運営まで携わり、産官学連携の経験も豊富。

橋本 優

YU HASHIMOTO

コーポレート部門
経理マネージャー

学習院大学法学部を卒業後、有限責任あずさ監査法人にて監査業務に従事。不動産業界や株式会社クラシアンにて経理を主軸に、業務改善や業務効率化、プロジェクト推進などを担う。2019年9月、JDSCに転じ、ゼロから経理部門を立ち上げるとともに、第1期からすべての決算を遂行。東証グロース市場上場に導く。
Twitetr

大場 紀章

NORIAKI OBA

エグゼクティブフェロー

京都大学理学研究科博士後期課程単位取得退学後、技術系シンクタンク勤務を経て、2014年より一般社団法人日本データサイエンス研究所(Japan Data Science Consortium、現 株式会社JDSC)に主任研究員として参画。同社フェローを経て現職。2021年に、エネルギー分野での政策提言等を行うシンクタンク、合同会社ポスト石油戦略研究所を創立、代表に就任。株式会社PHP総研客員研究員。経済産業省「GX推進小委員会」委員。

湯本 和伯

KAZUNORI YUMOTO

常勤監査役

早稲田大学卒業後、東京電力入社、国際大学大学院にて国際関係学修士号取得。東京電力ロンドン事務所、企画部、事業開発部にて電力自由化対応、新規事業開発に従事。2地点間気温リスクスワップ手法について特許取得。経済産業省「事業リスク評価・管理人材育成システム開発事業」ステアリングコミティ委員。その後、高砂熱学工業環境事業開発部を経て当社常勤監査役に就任。

出路 貴規

TAKAKI DEMICHI

社外取締役

慶應義塾大学商学部卒業、野村證券、みずほ証券、ベンチャー企業を経て2007年に現スパークス・アセット・マネジメント入社。再生可能エネルギーインフラファンド事業の立ち上げ等を経て、2015年より未来創生ファンドの運用責任者を現任。スパークス・グループ株式会社グループ執行役員。

田中 謙司

KENJI TANAKA

東京大学大学院工学系研究科 教授
社外取締役

〇総合物流施策大綱に関する検討会委員(国交省、経産省他) 〇NEDOサプライチェーン分析ワーキンググループ委員 〇IPCC(気候変動に関する政府間パネル)第6次評価報告書 主著者 〇NIKKEI脱炭素委員会委員 (日経新聞) 〇次世代技術を活用した新たな電力プラットフォームの在り方検討会委員(資源エネルギー庁) 〇日本電気学会、人工知能学会、日本経営システム学会、日本オペレーションズリサーチ学会、日本造船学会 会員

越塚 登

NOBORU KOSHIZUKA

東京大学大学院情報学環
教授

◯一般社団法人 データ社会推進協議会(DSA)・会長 ◯気象ビジネス推進コンソーシアム(WXBC)・会長 ◯一般社団法人 スマートシティ社会実装コンソーシアム・代表理事◯JEITA Green x Digitalコンソーシアム・座長 等詳細を見る