TEAM

チーム紹介

AI時代のプロフェッショナルサービスファーム

JDSCには、AI・システムの専門知識と、ビジネスの深い知見を有するプロフェッショナルが多数在籍しています。

加藤 エルテス 聡志

SATOSHI ERDÖS KATO

Representative Director, CEO
代表取締役CEO

東京大学卒業後、マッキンゼーアンドカンパニー、米系メーカー等での経験を経て、2014年に一般社団法人日本データサイエンス研究所(Japan Data Science Consortium、現 株式会社JDSC)を創設、代表に就任。医療データ リーズンホワイ 元監査役。 著書を見る

淵 高晴

TAKAHARU FUCHI

Director, COO
取締役COO

大学在学中にオンラインリサーチを活用したコンサルティング企業(株式会社ネットバード)を創業し、その代表取締役社長を務める。京都大学大学院で経済学修士号を取得後、P&Gのブランドマーケティングに従事。複数の担当プロジェクトで過去最高のシェアを達成し、広告電通賞優秀作品賞などを受賞。その後、外資系製薬メーカーを経て、現 株式会社JDSC COOに就任。

大杉 慎平

SHIMPEI OHSUGI

Executive Officer, CDSO
執行役員CDSO

東京大学にてApplied Computer Science修士号取得。在学中にTeach For Japanを共同設立後、マッキンゼーアンドカンパニ ーにて、製造・インフラ産業を対象とした技術戦略支援に従事。その後、東京大学 Applied Computer Science 博士課程へ。現 株式会社 JDSC CDSO就任、東京大学での研究活動を兼務。主な研究成果にスマートメーターとAI を用いた不在配送解消。国際学会ICSCA受賞

作井 英陽

Hideaki Sakui

Director, CFO
取締役CFO

東京大学経済学部卒。2013年よりUBS証券及びメリルリンチ日本証券においてIPO、普通株や転換社債、普通社債等による資金調達、M&Aアドバイザリー等の投資銀行業務に従事。その後、2018年にモビリティプラットフォームCREWを運営する株式会社Azitに入社し、財務担当執行役員及びコーポレート本部長として資金調達や財務戦略、コーポレート部門統括を担当。現 株式会社JDSC CFO に就任。

橋本 圭輔

KEISUKE HASHIMOTO

Technical Co-Founder

北海道大学大学院工学研究科にて、複雑系適応技術や人工知能応用研究に従事。RoboCup Japan Open 人工知能学会賞受賞、世界大会出場。修士号取得後、NTTコムウェア研究開発部にて、広告配信・動画配信技術の実証実験、特許化に従事。後に起業し、コホート研究、医師向け情報提供システム、製薬MR支援ツール、アドテク等、種々の案件をインフラから開発までワンストップで提供。株式会社JDSC 現職 に就任。

木村 豊

KIMURA YUTAKA

Executive Officer Engineer
Department
執行役員 エンジニア部門

小学生の頃から家にあったPCでプログラミングと出会う。パソコン雑誌に自作ゲームを投稿するほどのめり込んだ後、大学でバイオ関連の研究を行うも、結局プログラマとしてキャリアスタート。その後数多くのソフトウェア開発に携わった後、大手メーカーでのデータソリューションビジネスの立ち上げや大手インターネットサービス企業におけるデータ関連プロダクトのプロダクトマネジメント業務を通じてビジネスやデータサイエンス領域にも強い興味を持ちJDSCに参画。

湯本 和伯

KAZUNORI YUMOTO

常勤監査役

早稲田大学卒業後、東京電力入社、国際大学大学院にて国際関係学修士号取得。東京電力ロンドン事務所、企画部、事業開発部にて電力自由化対応、新規事業開発に従事。2地点間気温リスクスワップ手法について特許取得。経済産業省「事業リスク評価・管理人材育成システム開発事業」ステアリングコミティ委員。その後、高砂熱学工業環境事業開発部を経て当社常勤監査役に就任。

坂本 教晃

NORIAKI SAKAMOTO

社外取締役

東京大学経済学部卒業後、経済産業省入省。2008年経済産業省退官、ファミリービジネスである流通事業会社のマネジメントを経て、コロンビア大学経営学修士(MBA)。McKinsey&Companyのマネージャーを経て、2014年8月にUTEC参画。2015年 NEDO TCP の最優秀賞及び優秀賞採択案件や2016年 経済産業省 IoT Lab Selection グランプリ案件をサポート。アントレプレナーシップ・チャレンジ2017において最優秀賞をサポート。

出路 貴規

TAKAKI DEMICHI

社外取締役

慶應義塾大学商学部卒業、野村證券、みずほ証券、ベンチャー企業を経て2007年に現スパークス・アセット・マネジメント入社。再生可能エネルギーインフラファンド事業の立ち上げ等を経て、2015年より未来創生ファンドの運用責任者を現任。スパークス・グループ株式会社グループ執行役員。

田中 謙司

KENJI TANAKA

東京大学大学院工学系研究科
特任准教授

○二次電池社会システム研究会理事 ○国土交通省政策参与 ○日経CSISバーチャルシンクタンク研究員 ○人工知能学会、日本経営システム学会、日本オペレーションズリサーチ学会、日本造船学会 会員 詳細を見る

松尾 豊

YUTAKA MATSUO

東京大学大学院工学系研究科
教授

○東京大学大学院工学系研究科 人工物工学研究センター/技術経営戦略学専攻 教授 ○日本ディープラーニング協会理事長 ○ソフトバンクグループ社外取締役 詳細を見る